【試合結果】

17日 アミノバイタルカップ予選

v.s.松蔭大学

@ かもめパーク 12:30k.o.


前半  0-0

後半  1-1(佐野→竹内)

PK    6-7


結果  1-1(PK6-7)


応援ありがとうございました。 


IMG_8167

7月に活動を開始してから早1ヶ月。この日に焦点を合わせて練習をしてきました。コロナウイルス感染拡大防止のため無観客で試合は行われましたが、応援してくれているチームメイトのためにも全員が「勝つ」という強い気持ちを持って試合に臨みました。


前半開始2分、早くも国大にチャンスが訪れます。DF横濱(3/川和)のスローインからパス交換が続き、FW今瀧(2/川和)がゴール前にボールを放り込みますがこれは相手GKにキャッチされてしまいました。6分にはMF渡邉(2/静岡学園)がボールを奪い、巧みなドリブルで相手をかわして今瀧へとパス。最後は渡部(4/三鷹中等教育)がシュートを狙いますが、惜しくも枠外。これが今試合初シュートとなりました。そして、13分には相手が渡部をかわして抜け出し、縦パスを通すもDF大江(4/國學院久我山)、五味(3/長野)らがオフサイドを取りピンチを未然に防ぎます。その2分後、相手のスローインから奪ったボールをFW中山(4/浜松北)がロングシュートを狙いますが、これはゴールを捉えることができません。その5分後にはMF(3/刈谷)の縦パスから渡部が打ったミドルシュートは枠をとらえますが、惜しくもGKにキャッチされてしまいました。攻め続ける国大ですが、ここでピンチが訪れます。25分、岸がボールキープをするも相手に挟まれ、クロスあげられてしまいますが、これはGK加藤(4/)がキャッチしてピンチを防ぐことができました。32分にはMF佐野(4/刈谷)のドリブルから渡部へパスが通り、GKと一対一に。渡部のシュートは弾かれてCKを獲得しました。キッカーは中山。ショートコーナーで渡邉、中山と繋ぎゴール前にクロスをあげるも上手く合わせられません。そこからお互いにゴールに近づけない展開が続きますが43分、中山からの縦パスに反応した今瀧が佐野へと繋ぎ、シュート。これは惜しくもキーパーにキャッチされてしまいます。その後も試合は動くことなく、両チーム無得点のまま前半が終了しました。


0-0で試合は折り返し。点をとって勝ち切ろうと全員で気合いを入れ直し、国大ボールから後半が始まります。開始3分、相手のGKから蹴り出されたボールが相手に渡り、攻め込まれる場面が見られます。相手のパスをカットした五味が加藤へとバックパスを送りますが、ここはうまく繋ぐことが出来ず、そのままボールはゴールへと進みオウンゴールとなってしまいました。先制点を取られてしまうも、気持ちを切り替え国大は攻めようとします。6分には、DF伊藤(4/湘南)の果敢な攻めによりCKを獲得します。しかし、ファーへと流れたボールはゴールの枠をとらえることなくコート外へと飛んでいきます。12分には岸がシュートを打つも、決めきることは出来ません。24分には、後ろから出された縦パスを受けたFW竹内(刈谷/2)がシュートを打ちますが、これは相手GKにとられ、得点とはなりません。攻めこむ場面は多く見られるも点を取ることのできない、国大にとっては辛い時間が続きます。しかし30分、ここで好機がおとずれました。渡部から繋がれたボールを左で受けた伊藤が、中へと入れたボールに佐野が反応しシュートを打とうとするもうまく当たりません。けれどそのボールを拾った竹内がゴールへ押し込み得点。国大は待望のゴールを得ました。その後もお互いにゴールを許すことなく後半が終了しました。


前後半を戦うも決着はつかず、PK戦へ。横国1人目のキッカーはMF山口(3/川和)。蹴ったボールは左すみへ決まります。松蔭の1人目は右すみにゴール。横国2人目のキッカーは横濱。右すみを狙ったボールを蹴り出しますが、これは相手GKに弾かれてしまいました。松蔭の2人目は左上の角へとゴール。横国3人目のキッカーはFW近藤(4/小田原)。左上を狙い見事にシュートを決めます。松蔭の3人目の蹴り出したボールは、ポストに直撃。横国にとってはラッキーな結果となり、また勝負はふりだしへと戻ります。横国4人目のキッカーは竹内。相手GKの裏をつき、ゴールの中心へ鋭いシュートを決めきります。松蔭の4人目は真ん中の上の方へゴール。横国5人目のキッカーは渡部。右すみへと落ち着いて決めきります。松蔭の5人目は左すみを狙ったシュート。加藤が反応し触るけれども、止めきることはできずゴール。5人目までで決着はつかず、サドンデスに突入です。横国6人目のキッカーは五味。左すみを狙った鋭いシュートを決めきります。松蔭の6人目は左上角を狙い、加藤が反応するも弾ききれずゴール。横国7人目のキッカーは伊藤。左すみへと弾丸シュートを放ちゴール。松蔭の7人目は右角へとゴール。横国8人目のキッカーは大江。蹴り出したボールは相手GKに弾かれ、ネットを揺らすことができません。松蔭の8人目が左下すみへと決め、ここでPK戦が6-7となり、試合終了となりました。


コロナ対策のために応援に来ることの出来ないチームメイトの分も力を出し切り戦おうと迎えた今回の試合。多くのチャンスが見られるも、勝ち切ることは出来ませんでした。今回の敗戦を糧にして、リーグ戦に向かってまたチーム一丸となって練習に励んでいきます。応援よろしくお願い致します。


*次回試合日程は未定です。決まり次第Twitterなどでご報告させて頂きます。